さぴかぶ

さぴこの株主優待日記

【配当】岩塚製菓から配当金と第64期株主通信が到着

 

先日出来立ての美味しいおせんべいの株主優待が到着した岩塚製菓株式会社。

 

sapic.hatenablog.com

 

今回は「ご自宅用」という感じのおせんべいでしたけど、どれも美味しく、中でも今回初めていただいた田舎おかき醤油味は絶品でした。

毎回のことながら出来立てを美味しいうちに食べようということであっという間になくなってしまいます。

ちなみに昨年の11月に送られてきたお煎餅はこちらの記事に写真がありますが、今回届いたお煎餅と違って「贈答品」感が溢れる感じでした。

 

sapic.hatenablog.com

 

結局は紙ゴミになってしまうものですから、株主優待品は自宅用包装で十分かもしれません。

 ちなみに岩塚製菓の株主優待は6月と11月にそれぞれ100株以上500株未満保有で1,000円相当、500株以上1000株未満保有で2,000相当、1,000株以上保有で5000円相当の自社製品です。そして2,000株以上保有の場合はさらに3月と9月にも優待品が送られてきます。

 

株価の推移

 

岩塚製菓の株を購入したのは10年以上前で、当時の購入価格は1株1300円台でした。

現在の株価はここ数ヶ月4,000円から4,500円の間を行ったり来たりしている感じですが、2年前には1株8000円を超える価格をつけていた期間もあります。

さすがに1株8000円を超えた時にはどうしようかなとためらったこともありますが、お煎餅の味が忘れられずそのままホールドしていました。

岩塚製菓の配当は1株18円

配当利回りを考えるとなかなか厳しいものはありますし、株主優待は100株保有の場合の1000円分のお煎餅を優待利回りとして考えてもかなり低く、現在購入資金として40万を超えていることを考えるとなかなか新規に購入しにくい株であると言えるでしょう。

売買益を目的とした投資としてであれば、これまでの株価の推移を考えれば上昇の可能性も十分考えられると思いますので検討の価値はあるのではないでしょうか。

必要投資金額から考えるともう少し増配するか株主優待の価格を上げていただけるともう少しお得感を感じることができるような気はします。

 

第64期株主通信より

 

 

ビールにぴったりの「大人のおつまみ」シリーズはどの商品も特にビールとぴったりということもあり、夏場にはスビールと一緒に展示販売しているスーパーもあります。

 大人のおつまみ×ワカコ酒

 特に夏季限定の「ワカコ酒パッケージ企画」はコラボ3年目に突入。

これからもこの季節の定番となりそうです。

 

 

岩塚製菓の代表的なお煎餅とも言える「味しらべ」のキャラクターになったのは「はなかっぱ」。

小さな子供から岩塚製菓のファンを開拓しようという戦略が見えます。

 

 

最近のグルテンフリーブームで注目を浴びている「米粉」。

海外でも需要も拡大している「米粉」ですから、今後の岩塚製菓も世界的に拡大していく可能性があるのではないかと思います。

 

今期創業70周年を迎えた岩塚製菓。

次は11月の株主優待が楽しみです。